1. 桟敷席チケットについて |
  2. 大曲商工会議所 |
  3. 注意事項 |
  4. 宿泊情報 |
  5. 交通アクセス情報

大曲の花火の歴史

明治43年(1910)大曲の花火競技大会開始
昭和39年(1964)大曲の花火通産大臣賞供与、創造花火競技大会開始
昭和54年(1979)西ドイツ連邦ボン市からの要請で「日独親善花火」打ち上げ
昭和58年(1983)西ドイツ連邦ジュッセルドルフ市で「日本週間」の一環で「大曲の花火」打ち上げ
昭和62年(1987)西ベルリン市制750周年の記念花火打ち上げ
昭和62年(1987)西ドイツ連邦ジュッセルドルフ市で再度打ち上げ
平成 2年(1990)「世界の花火師大曲会議」を開催
平成 4年(1992)「国際花火コンペティション」を開催
平成 8年(1996) ハンガリー建国1100年祭で「大曲の花火」打ち上げ
平成12年(2000) 内閣総理大臣賞供与
平成14年(2002)韓国での「大曲の花火」打ち上げ
平成22年(2010)「大曲の花火」100年記念大会開催


大曲の花火競技大会の識者の間で最も権威ある大会として位置づけられているのは、まず、花火をつくった本人が自らの手で打ち上げる真の競技大会であること。

つぎに、この競技大会では内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・中小企業庁官賞・文部科学大臣奨励賞・が授与されることです。そして、競技玉として創造花火が採用されたこと。この花火はテーマをもうけて、創造性の高い花火を自由に組み合わせることにより、ストーリー性があり音楽イメージと合った作品を競い合うもので、毎年斬新なテーマ性に優れた花火が、夜空いっぱいに描かれます。